2006年06月04日

質問:データの保存には何を使ったら良いでしょうか?

これだけで正確にお答えすることは、なかなかの問題を含みます。

そこで、一方的な見解ですが、データを保存する媒体は何を使ったらいいかと

いう観点で、答えます。

データを保存するものを、よくメディア(媒体)と呼んでいます。

メディアの種類には、次のものがあります。

FD(フローッピーディスク)記憶容量は1.44M(メガ=1,000,000)
MO(光学式磁気記憶装置) 記憶容量は230M、640M
CD(コンパクトディスク) 記憶容量は640M、700M、800Mなど
DVD(デジタルバーサタイルディスク)記憶容量は4.7G、9.5G(ギガ=メガの1,000倍)
HDD(ハードディスク)記憶容量はさまざまで、40G位から300Gくらいまで
種々存在します。

大容量のデータを記録するには、当然時間がかかります。 

また、一度記録すると、再書き込みが出来ない媒体(メディア)も存在します。

外国では、よくZIPが用いられていました。記憶容量は100M、200Mといわれています。

最近は、これ以外に、デジカメのデータを保存するものとして、使われるメ

ディアには、SD、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、ピクチャーカー

ドなどもあります。記憶容量は16Mなどの少量のものから、512M、1G、

2Gなどの容量を持つものもあります。

あなたの、使い道は、どのような使い道か判断して決めると良いと考えます。
posted by 諸葛 家康 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog